鷹見会計事務所
  ホームへ戻る
消費税の特徴 2007/1/25
納税義務者
消費税の申告・納付
消費税の計算方法
仕入税額控除
各種届出書類
消費税の特徴
1. 国税と地方税から見た消費税
  消費税は国税部分が4%、地方税部分が1%で合わせて5%と
  なっています。
  正式な用語としては国税部分を「消費税」、地方税部分を「地
  方消費税」と呼びます。
  消費税と地方消費税は同一の申告用紙を用いて、国税(4%)
  をまず算出し、その25%を地方税(1%)として計算し、そ
  れらを合算して「消費税」として申告します。
  なお、地方消費税は道府県民税に含まれます。
2. 直接税と間接税から見た消費税
  消費税の負担者は最終的には、一般消費者です。しかし税務署
  に納付するのは事業者です。事業者は消費者から預かった消費
  税を消費者に代わって納付しています。
  このように納付者と負担者が異なる税金を間接税といい、所得
  税や法人税のように自ら負担し、かつ、納付する税金を直接税
  と呼んでいます。
  ホームへ戻る
copyright © TAKAMI KAIKEI all rights reserved.