鷹見会計事務所
  ホームへ戻る
届出書類(法人) 2006/7/5
個人と法人
会社設立費用
届出書類(法人)
社会保険について
1.届出書類(税務署)
a)法人設立届出書
  提出時期・・・・設立登記の日から2ケ月以内
  対象の事業・・・・事業所得、不動産所得、山林所得を生ずべき
          事業
b)給与支払事務所等の開設届出書
  給与の支払が全くない場合は提出する必要はありませんが、
  一般には、役員に給料(役員報酬)を支払いますので提出しなければなりません。
  提出時期・・・・会社設立の日から1ケ月以内
c)源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書
  兼納期の特例適用者に係る納期限の特例に関する届出書

  対象者
     給与の支給人員が常時10人未満である事業者
  届出の効果
     従業員から徴収した源泉所得税は、原則的に給与支給月
     の翌月10日までに銀行等に納付しなければなりません
     が、この申請書の提出により年2回の納付で済みます。
      1月〜6月支給分・・・・・・・・・・7月10日
      7月〜12月支給分・・・・翌年1月20日
  適用
     提出した月の翌月以後に支払う給与等から適用されます。
e)青色申告の承認申請書
  届出の効果
     青色申告を行うことにより、各種の税制上のメリットを
     受けられますので、是非提出しましょう。
   提出時期
     会社設立の日以後3ケ月を経過する日と最初の事業年度
     終了の日のうちいずれか早い日の前日までです。
2.県税事務所への届出書類
   a)法人設立届出書
3.市町村役場への届出書類
   a)法人設立申告書
  ホームへ戻る
copyright © TAKAMI KAIKEI all rights reserved.