鷹見会計事務所
  ホームへ戻る
帳簿と記帳 2009/7/4
開業・創業支援
顧問料について
届出書類(個人)
帳簿と記帳
会社設立費用
相続と新規開業
1.書類の整理
  書類の整理は事務の基本です。整理の仕方は、事業の種類、規模、取引形態や個人の
  好みなどにより一律に決めることは出来ませんが、以下の点に留意しながら整理・保管す
  ることをお奨めします。
  @ 売上に関する書類と仕入・経費に関する書類を分ける。
  A 継続的な取引先に関する納品書、請求書等は別のファイルで綴じる。
  B 支払いに関する領収書は領収書綴にまとめて保管する。
  W 原則として日付順(取引日順)に整理・保管する。
2.帳簿・書類の保存期間
   帳簿書類は時と共に増え続けます。いつまで保存しなければならないかについて、法的
  には以下のようになっています。
  @ 商法における保存期間の定め
    貸借対照表や損益計算書、総勘定元帳などは10年間保存
  A 消費税法における保存期間の定め
    仕入税額控除を受けるために、帳簿、請求書等を7年間保存
  B 所得税法における保存期間の定め(青色申告)
    領収書、請求書、預金通帳などの「現金預金取引等に関係する書類」については7年
    間の保存。 納品書、請求書控、契約書などについては5年間の保存
  C 法人税法における保存期間の定め(青色申告)
   a) 全ての帳簿・書類につき最低7年間は保存しなければなりません。
   b) 繰越欠損金の控除期間が9年となったため(平成23年度改正)、8年前、9年前に繰
    越欠損金が残っている場合は帳簿の保存期間もその期間(8年又は9年)となります。
3.記帳の方法
  @ 最低限の記帳は、現金出納帳です。取引の結果は最終的には現金預金に反映され
    ます。預金については通帳などにより把握できますが、現金については記帳しなけれ
    ば洩れてしまうものが多いからです。
  A その次に売掛、買掛に関する記帳です。売掛の記帳をしなければ請求しながら入金
    洩れになり、買掛の記帳をしなければ資金繰りの把握ができなくなります。
  B その他、取引に関する記帳を必要な範囲内で行い、それに基づき複式簿記の方法で
    仕訳し、記録していきましょう。
  ホームへ戻る
copyright © TAKAMI KAIKEI all rights reserved.