鷹見会計事務所
  ホームへ戻る
開業・創業支援 2007/7/4
開業・創業支援
顧問料について
届出書類(個人)
帳簿と記帳
会社設立費用
相続と新規開業
1.開業時の心構え
  心構えなるものは個人の価値観の問題ですが、私見を述べて見たいと思います。
  (1) 事業成功のイメージ、ビジョンを描こう。
    事業の将来的な展望を明確に描こう。そして社員を雇いながら会社を経営し仕事に
    携わっている自分を想像しよう。
    ビジョンの無いところに現実は訪れません。訪れたとしても一時的なものでしょう。
  (2) 具体的な目標を設定しよう。
    実現可能な数値的目標(売上高、利益)を設定し、自己へのノルマとして課しましょう。
    そして、その目標を達成するため方策を常に考え続けましょう。
    目標がなければ羅針盤のない航海と同じで全てが中途半端に終わってしまいます。
  (3) 失敗を恐れず挑戦しよう。
    事業に失敗はつきもの。その失敗を教訓とすることにより初めて成長が芽生えます。
    他人と同じことをするのでなく、一歩先のことを取り入れ、果敢に挑戦しよう。
    失敗してもあきらめないことが大切です。
  (4) 社会に貢献するという意識と信念を持とう。
    社会のニーズに応え、社会に貢献するという意識と信念を持とう。
    そのような仕事に対する誇りを持ち続け、お客様を大切にしていけば成功間違いない
    と思います。

2.開業・創業支援
  開業・創業・会社設立等に関することなら何でもご相談下さい。
  簡単なことならお電話で即座に回答致します。(匿名でかまいません)
  新規個人事業の開業に伴う各種届出書類、記帳の方法、会社設立に関することは
   左メニューをクリックして下さい。

3.会計事務所の選択
  会計事務所に顧問を依頼するとたくさんの顧問料を取られる、と思われる方もいます。
  しかし、「餅は餅屋」という諺があります。経理・会計・事務に時間を割かれることより、経
 営者は本業の発展に全精力を投入すべきです。
  経理の知識については枝葉末節にとらわれず、経営のポイントを把握する数字をつかん
 でおけば十分であると思われます。
  当事務所は経理・事務面で貴企業を支援し、事業の発展を側面から支えていきます。
  そして、節税と最善の決算対策を提供し、顧問料以上のサービスを心がけています。
  顧問料については 「顧問料」をご覧下さい。

4.新規開業資金支援
  国民生活金融公庫では各種の新規開業のための融資を行っています。
     ● 新規開業資金
     ● 女性、若者/シニア起業家資金

    詳しくは こちら をご覧下さい。
  県の融資制度については こちら をご覧下さい。

5.各種助成金制度
 開業・創業に伴う助成金制度があります。 こちら  をご覧下さい。
  ホームへ戻る
copyright © TAKAMI KAIKEI all rights reserved.