鷹見のブログ(2018年)
鷹見のブログ(2018年)
鷹見のブログ(2013年)
鷹見のブログ(2012年)
鷹見のブログ(2011年)
鷹見のブログ(2010年)
鷹見のブログ(2009年)
鷹見のブログ(2008以前)
鷹見会計

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2018年1月1日                   
☆ 新年の挨拶[備えあっても憂いあり」 ☆

新年明けましておめでとうございます。
昨年は日本経済も比較的順調で大きな混乱や
大型倒産もなく平和裏に推移しました。
中小企業でも比較的決算状況は良いようです。
ただ、恒例の年末の「今年の漢字」が「北」という字に
なったことが象徴するように北朝鮮が何度もミサイルの
発射実験を繰り返して脅威を与えていることが心配です。

皆さんは、そんな政治情勢を「脅威」として捉えていますか?
大多数の日本人は頭では・・あるいはニュースでは
心配していても、それに対する備えはしていないでしょう。
私は、今の日本の災害の発生の可能性として
自然災害より核戦争の大規模災害の方が
よほど高いと思っています。
ですので、準備万端(?)、もし核戦争になっても
絶対生き残る方策を考え、備えています。
多分、北は電磁パルス攻撃と地上への核攻撃を
同時に仕掛けて来る可能性が高いと見ています。
インフラが全滅し、食料が1年〜数年届かなくなる
事態になった時、平和ボケした日本人がハッと
気づくことになる・・・なんてことが起こらなければ
いいなあ、と内心、不安と心配の日々を送っています。

あっ、本日は新年の景気のいい挨拶を述べなければ
ならなかったですね、失礼しました。
景気のいい挨拶は新聞等にいっぱい書いてあるので
そちらの方を参考にして頂ければ幸いです。
いづれにしても、今年一年、死ぬか生きるか一度しか
ない人生を悔いのないよう生き抜いて下さい。
もちろん、企業経営者の皆さんは赤字経営など
とんでもありません。
安倍政権の紙幣を沢山印刷する政策のこの時
過去最高の黒字を出せるよう頑張りましょう。
本年もよろしくお願いいたします。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2017年1月1日                   
☆ 新年の挨拶 ☆

新年明けましておめでとうございます。
日頃より当事務所にご愛顧頂き御礼申し上げます。
平成29年という新しい年を迎えるに当たり
今年こそ昨年より少しでも飛躍と発展ができるように、と
このブログをご覧の皆様も心新たに決意をしておられることと思います。
私も若い頃の新鮮な気持ちを失うことなく、何かに
挑戦するような心意気を持ち、この一年を乗り切って
いきたいと思っております。
ところで、当事務所も女性職員がお目出度い出産
ラッシュに沸いており、大変結構なことですが、
如何せん人材不足の感が否めません。しかし、
お客様にご迷惑をお掛けしないよう最大限の配慮
をしていきますので、どうかよろしくお願いします。

昨年は初めて「ふるさと納税」をしました。
私のふるさとは「中津川市」ですが、私にとっての
ふるさと納税は地元の中津川市に納税することではなく、
当然のことながら他の市町村に寄附することです。
ふるさとを大切にするのがふるさと納税のはずですが、
結果的に今の「ふるさと納税」はふるさとの税収を減少させ、
ふるさとを見捨てるものとなっております。
こんな愚かな制度は無くした方がいいと思いながら
個人的にはふるさと納税をして特産品をもらっています。
世の中、矛盾が満ちていますが、皆様
自分の気持ちを確かに持って正しい道を進んで下さい。
(私自身にも問うています!)


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2016年7月1日                   
☆ 第4期目の監査委員に就任 ☆

中津川市の監査委員を3期努めたが、
今回も市からの要請があり、引き受けました。
任期は4年。全部全うすると16年。
長いですね。
でも、いろいろ学べるし、公的に生きることへの
自負心みたいなものがないわけでもないです。
ただ、現実的に時間をとられ、大変なこともあります。
でも、こんなふうにこれまでやってきたし、
多分役職を全うできると気楽に考えています。
中津川市の債務も私が初めて監査委員に就任した
12年前より着実に減ってきています。
もちろん借金を減らすことだけが仕事ではないですが
出来る限り将来の世代に借金の重荷を負わせないように
することが、現在を生きる私達の大切な使命です。
こんなことを考えながら、なるべく無駄な税金の
使われ方を減らし、若い世代により沢山の税金が
使われるように変えられたらいいな、
と思っているところです。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2016年6月1日                   
☆ 平成28年度税制改正について ☆

平成28年度税制改正をまとめました。
今年は例年と比べると、主だった改正点が少なかった。
法人税率が段階的に引き下げられることと、
建物附属設備及び構築物の定率法の廃止程度で
それ以外は、特に中小企業者や個人にとっては
直接大きな影響を受けるような改正点は
ないように思われる。
今、税制改正に関して最も重要と思われるものの
一つに、配偶者控除の廃止問題がなる。
毎年改正の候補にあげられながら見送られてきた。
今回も見送られた。
パートさんが103万円を越えて働くのをためらう
元凶となるもので、なるべく働かないように仕向ける税制だ。
女性の社会進出や男女格差の解消を唱えながら
一方でこんな真逆な税制が連綿と続いているから
政治家は本気で「1億総活躍社会」なるものを
目指しているのか疑問に感じてしまう。
一部の反対を押し切っても改革を断行するときはする。
将来の日本を考えれば少々票が減っても構わない、
というように考える指導者が現れてほしいものですね。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2016年2月1日                   
☆ クラウド会計について ☆

最近「クラウド会計」という用語が私達の業界で
登場することが多くなりました。
一般的には「SaaS」と表されることが多いですが、
要は自社内にソフトウェアやデータを置かず、
インターネットを介して全ての業務を行うこと、
会計で言えば、インターネットに繋げれば会計処理業務
を行うことができる、というのがクラウド会計の本質です。

ところで、以前に或るお客様から、
「先生のところはクラウド会計はやっているの?」
と尋ねられ、その時は特に対応もして
いなかったので、未対応の旨を伝えると、
何となく時代に乗り遅れているような印象を
与えることになってしまいました。 
これではいけないと思い、
さっそくクラウド会計対応を考えました。
通常の事務所は、単に市販のクラウド対応会計ソフトを
購入して「クラウド対応」を謡うでしょうが、それでは
会計事務所としての独自性がありません。  そこで
当事務所では、現在事務所とお客様で使って頂いている
当事務所開発会計ソフトをインターネット対応させ、
データの共有化と一元化をして、ネットを通して会計データを
お客様も当事務所も同時に見られるように改善しました。
データ保守や安全性について、今後更なる対応を
していく必要があると思われますが、
いづれにしても猫も杓子も「IT、IT」と言われる時代。
確かな先見性をもって時代の先を進みたいものです。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2016年1月1日                   
☆ 謹賀新年 ☆

明けましておめでとうございます。
昨年中はいろいろお世話になりました。
今年も仕事中心に頑張っていきます。
事務所のメンバーも女子事務員の
産休などで入れ代わっていますが
お客様にはご迷惑をおかけしないよう
引き継ぎもしっかりとするのは当然として
様々な付随的サービスも快く受けて
信頼される会計事務所を目指します。

所長の私も、会計・税務の基本業務以外に
中津川市の監査委員として市政に
携わらなければならず、また、市内
に施設を有する社会福祉法人の
会計チェックを市から依頼されている
業務もあり、更にロータリークラブ等の
奉仕活動、公的役職などいろいろと
多忙ですが、何よりもお客様を大切に
「鷹見会計にお願いして良かった」と
思われるよう頑張っていくつもりです。
本年も宜しくお願いいたします。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2015年6月1日                   
☆ マチュピチュの景色 ☆

海外旅行での人気ベスト1によく選ばれる
マチュピチュに3年前に行きましたが、
今回はあまり見かけないマチュピチュ画像を
ご紹介しますので見てください。
遺跡は標高2400mほどにあり、すぐ下
(と言ってもはるかかなた下)に川が流れています。
   写真は→→→こちら
写真左側の川から遺跡に登る道があるそうです。
結構きつい道を昔の人達は歩いたものです。
こんなふうにかつて立派な文明があり、
そしてそれが滅びて住居跡だけが残ったのですね・・・


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2015年5月1日                   
☆ 大いに活用しよう 「 所得拡大促進税制 」 ☆

昨年度より「所得拡大促進税制」が創設されました。
ひと口で言えば、給与がアップする企業に対して
法人税又は所得税を減税しよう、という制度です。
ただし、従業員を減らしたのでは意味がありません。
従業者を増やし、かつ、一人当たりの給与もアップして
初めて減税の恩恵にあずかることができます。
当事務所もそのような要件を満たすお客様には
この税制を適用した申告書を作成しているのですが、
毎月講読している 「 納税通信 」 によれば
これが意外と条件は満たしていても、この税制を
適用しない法人税又は所得税の申告書が多いそうです。
ちなみに減税の金額は単純化すると「給与増加額の1割」です。
税理士が気を利かして顧客にこの税制の適用を提案すれば
おそらく減税を拒否する社長はいないと思われます。

政府は景気回復を図る「アベノミクス」の一環として
こうした税制を創り、給与引き上げを後押ししています。
政府側から経済界に給与引上げ要請という「ムチ」を
出す代わりに、「アメ」としてこんな減税策が現れたのです。
しかし、肝心の経営者は、
「こうした税制があるから給与を引き上げよう」
と短絡的に考えることはしないでしょう。
業績が良くて従業員を増やし、給与を引き上げたら結果的に
税金が通常より少なくて済んだ、という程度だと思います。
そういう意味では、こうした税制改正は単に
税収を減らすだけの効果しかありません。
もっともこの税制を知ってか知らずか、適用を怠っていれば
税収が減ることは無いかもしれませんが。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2015年4月1日                   
☆ 確定申告が終りました。☆

個人の所得税の確定申告は3月15日(今年は3月16日)で終わり、
また、個人の消費税の確定申告は3月31日で終わりました。
ただし、消費税の確定申告期限は3月末日でも、実際には所得税の申告期限までに
消費税額を確定した決算書を作成しなければならないので、
所得税と同時に消費税も申告(電子申告)をしているのが実情です。
税務署に申告書類を提出して申告を終了すれば、ひと安心、と思いきや
まだまだ仕事は残っています。
所長の私は、その申告書を原則としてお客様の所に届け、説明することにしており、
職員においては、個人の確定申告に時間を取られていたために遅れていた
法人の月次決算を急いで処理しなければならないのです。
それにしても、今年は比較的順調に確定申告が終ったようです。
詳しいことはここでは書きませんが、来年はちょっと大変かも・・・


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
2015年3月1日                   
☆ ブログを再開しました ☆

約1年少しの間、「ブログ」を休んでいました。
また、再開しますのでよろしくお願いします。
とりあえず「平成27年度税制改正大綱」の要約版を「トピックス」に掲載しましたので
関心のある部分だけでも読んでみて下さい。

喘息アクセスカウンター